【超初心者】NFTの仕組みをわかりやすく簡単に解説!

はじめに
この記事は「NFTって最近聞くけど何それ?」レベルの人向けです。

ぽちこ

予備知識ゼロ!

わかりやすく説明するため、厳密に言うと違う部分も多々あります。
ふんわり理解できたら、他の方が書いてるしっかりした解説記事を読みましょう!

目次

NFTとは?わかりやすい例で解説

NFT(Non-Fungible Token)
日本語に訳すと非代替性トークン
ものすごーくざっくりいえば「替えのきかないもの」みたいな意味です。

現実世界で例えるなら

  • オリジナルイラストの原画
  • 完全受注生産グッズ
  • ナンバー入り会員証

そういうのがデジタル世界(←ここ重要)でも作れるようになったんです!

デジタルデータの欠点

今まで、オリジナル作品をインターネット上で公開してもその作品データだけでは個人との関連性を証明する術(すべ)がありませんでした

わかりやすい例でいうとSNSのアイコン。
絵師さんにお金を払って依頼し、自分の似顔絵をイラストデータで受け取ったとします。
でもそのデータだけでは「誰が描いたか」も「所有者が自分である」こともわかりませんよね。

なんなら、勝手に複製したり自分が描いたと言い張ることだってできちゃうわけです。

が、ブロックチェーンという技術を使うことでデータ自体に製作者や所有者情報、売買履歴などを残せるようになりました。
意味わからんけどすごい…!

※ブロックチェーンとは
仮想通貨などで使われるデジタルデータと個人を紐付ける技術
セキュリティもばっちりらしい!

NFT化で資産価値を高める

そんなわけで

1.オリジナル作品をつくる
2.作品を売買する


今までこうだったのが

1.オリジナル作品を作る
2.その作品をNFT化する(以下NFT
3.NFTを売買する

こうなっていくと言われています。

ぽちこ

はい、やっと出てきたNFT!

作品をNFT化することで、製作者や所有者は一目瞭然。
オリジナルとコピー品の違いも明確になります。

となると、有名マンガ家の原画データやミュージシャンの音源データが高値で取引されるなんてこともありえちゃうわけです…!

これからくるメタバースの未来

そしてもうひとつ注目されてるのが、これからくるメタバース世界での使われ方です。
メタバースとはオンライン上に構築された仮想空間のこと。

これからはネットとリアルの堺が曖昧になり、オンライン空間で過ごす時間が増えるといわれています。
そこで重要になってくるのがNFT!

NFTとメタバースの相性が良すぎる

ゲームをする人ならわかると思いますが、自分のキャラって色々こだわりたいじゃないですか。
見た目も実用性も両立したいし、限定装備ってだけでほしくなる…!

そういうのが今後、ゲームだけでなく生活の一部になっていくわけです。
例が古いけど、モバゲーやアメーバピグの延長線上といったら伝わる人も多いかな?

友達と仮想空間内で待ち合わせをしたり、職種によっては「仕事の打ち合わせや会議も仮想空間で」なんてこともありえます。

となると、自分のキャラ(アバター)にはおしゃれさせたいし、小物やインテリアもほしくなる。
それどころか、仮想空間が土地のように切り売りされるとも言われています。
その全部がNFT化されていて、ものによっては希少性が高かったり、完全な一点物だったりするわけです。

ぽちこ

しかもデータで自分のものだと証明できる!

もちろん、オンラインゲーム全般にも同じことが言えます。
今でもレアアイテムの売買はありますが、アイテムがNFT化されたらその譲渡記録がすべてデータ内に記録されていきます。
なので、今の持ち主が正真正銘自分だとわかるわけです。
また、需要と供給のバランスで価格が決まり、売買によって利益を出すことも可能になるといわれています。

  • 人気ブランドとのコラボ装備
  • 有名なデザイナーが手掛けた家具
  • ゲーム内で需要が高まってるアイテム

そういうところにも付加価値が生まれるわけですね。
どうぶつの森など、持ち物をカスタマイズできるゲームとも相性がよさそう!

…課金しちゃうでしょ?

というかもはや課金って感覚はなく、リアルでの買い物から仮想空間での買い物に代わっていく感じです。

すでに楽天やコカ・コーラ、ニューヨーク・タイムズなどの大手企業も、NFT業界への参入を発表しています。
あなたの好きな企業やブランドも気づけば参入してるかも…!

NFTって需要はあるの?

ここまで読んでなんとなくわかったかもしれませんが、NFTがじわじわ盛り上がってるのはこれから市場が大きくなりそうだからです。

リアルではほしいものがなくても、デジタルアイテムとなると話は別って人は案外います。
わたしもそのうちの1人!

NFTが世間一般に浸透したら、そんな人達が所有欲を刺激されるわけです。
とはいえ、盛り上がってるのは一部だけ。
日本での認知度はまだまだ低いです。

余談:NFTアートの作り方

たぶんこのページにたどり着いた人って、NFTアートの販売に興味ある人が多いんじゃないでしょうか。
気になるならとりあえずやってみましょう!

わたしも先日、ついに初出品できました。

登録&出品までに参考にした記事や動画こちらで紹介してます!

「スマホからNFTを出品してみたい」って人には、333円で買えるスマホだけでNFTアーティストになる方法って本もわかりやすかったです!

わたしはAmazonのKindle Unlimited(定額読み放題/初月無料)で読みました。

NFT関連の本Kindle Unlimitedで読めるものがたくさん。
お試し期間中に解約すれば料金もかからないしおすすめです!


以上、超初心者向けのNFT解説でした。
参考になったらうれしいな!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェア・URLコピーはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる