【レビュー】GameSir T4 Proとプロコンを比較!【ジャイロ対応】

予算5,000円以下で買えるコスパのいいコントローラーGameSir T4 Pro
見た目のかっこよさから気になってる人も多いのではないのでしょうか。

GameSir T4 Proといえば、Nintendo Switch・パソコン・スマホといろんな機器に対応してる汎用性の高さが魅力。
パソコン用に使ってる友人が「これほんとおすすめできる」と言ってたので、SteamなどのPCゲームを楽しむ方にはイチ押しなコントローラーです!

今回は、Switchユーザーのわたしが【ニンテンドースイッチでの使い心地】をがっつりレビューしました。
「パソコンやスマホゲームはしないから、Switchでの使い勝手が知りたい。」という方向けの記事です。

ぽちこ

Switchは5000時間以上プレイしてるよ~!

人気のコントローラー純正プロコンと比較しながらレビューするので、Switch用に買うか迷ってる方は参考にどうぞ。

最初に書いておくと、Switchのためだけに買うならプロコンの方がおすすめです。笑
純正なだけあって、どんな非純正コントローラーと比べても「頭ひとつ抜けた性能」で快適にプレイできます。

任天堂
¥7,678 (2023/02/04 22:50時点 | Amazon調べ)

とはいえ、GameSir T4 Proならではの長所ももちろんあります。
予算5,000円以下で探してる方は、ここから先も読んでみてくださいね!

目次

GameSir T4 Proの評価

GameSir T4 Proとプロコンの比較は以下の通り。

T4 Proプロコン
ボタン/スティック
ジャイロセンサー
グリップ性/サイズ
振動機能
バッテリー
価格
評価「ー」は機能なし
  • HOMEボタンでのスリープ解除【○】
  • NFC(amiibo読み込み機能)【×】

普段はスプラトゥーン3とモンハンライズで遊んでるので、評価もその2つが中心です。

ぽちこ

各項目のレビューに移る前に、かるく見た目の紹介をするよ!

ゲーミングな見た目がおしゃれでかっこいい

近年よく見る「ゲーミング〇〇」は派手なものが多いですよね。
そんな中、GameSir T4 Proのライトは控えめ。
光るのがABXYボタンとRスティックだけなので、黒半透明ボディのかっこよさを残したままおしゃれさもあります!

ABXYの色がぜんぶ違うのもポイント。
「ちょっと個性的なデザインがほしい」という方にはおすすめです!

個人的には、以前レビューしたPDP Afterglowワイヤレスコントローラーの次に好きな見た目です。

ボタン/スティック ○

GameSir T4 Proのボタン配置はXbox式といって、SwitchとはABXYボタンの並びが違います。
見比べると「A⇔B」「X⇔Y」が逆ですね。

ボタン表記は違いますが、Switchに接続すると「ジョイコン/プロコンと同じ配置」として認識してくれます。
※「Aで攻撃」のゲームならAの位置(Bボタン)を押せば攻撃できる

慣れてるゲームなら違和感なく遊べました。
初プレイのゲームなど、ボタンを見ながら操作するには混乱しちゃうかも?

「ボタンはSwitch仕様がいい!」という方には、同じく5,000円以下のOOOUSEコントローラーがおすすめです。


プロコンに比べ、GameSir T4 Proのボタンはすこし固めで押すとカチカチ音がします。
「押した感」が好きな人向けですね。

スティックはギザギザしててグリップ性良し。
わずかにデッドゾーン(あそびの部分)があるようで、プロコンとはすこし操作感覚が違います。

Rスティックでの視点移動を例に出すとこんな感じ。

  • スプラ⇒ちょっと感覚ずれる
  • モンハン⇒滑らかで見やすい

【視点=エイム】のFPS/TPSではプロコンとの差が気になりますが、それ以外は逆にカメラワークが滑らかでプレイしやすかったです!

ZL/ZRは押し心地がフカフカ(トリガー式)

ZL/ZRボタンは、大きくて指をかけやすいです。
プロコンと比べても同じくらいの大きさ。

上がプロコン/下がGameSir T4 Pro

押し心地はなんだかフカフカ。
GameSir T4 ProのZL/ZRはトリガー式といい、押し加減でパワーを調節可能です。
これがフカフカする理由みたいですね!

トリガー式は、レースゲームのアクセル調節をしたり、FPSだと引き金を引くような感覚があって没入感につながるようです。
ジョイコンやプロコンはボタン式(押すか離すかの二択)なのでSwitchユーザーにはあまり関係ないですが、PCゲームなどには良さげな機能。

ZL/ZRボタンは感度が高めで、押しっぱなし操作は楽ちん。
逆に、連打操作はちょっと難しい…!

少しでも指が当たってると「押してる判定」になることが多く、連打はうまくできないことがありました。
(スプラトゥーン3ならリールガン・パブロ・ボトルガイザーなどの連打武器)

実際にスプラ3で動画を撮ってみました。最初と最後のテクテク歩きが、うまく連打できてない箇所です。

コツを掴めばできるようになりましたが、ZL/ZRを連打するなら【ボタン式】のプロコンなどがおすすめです。

任天堂
¥7,678 (2023/02/04 22:50時点 | Amazon調べ)

背面ボタンは4つで押しやすい位置

GameSir T4 Proの背面ボタンはなんと4つ!カスタマイズ派にはうれしいですね。
左右のグリップ裏に、2つずつ搭載されています。

中指&薬指が当たって押しやすい反面 誤タップも多め。ある程度慣れが必要です。
押すための動きは最小限で済むので、操作の多いゲームは使いこなせたら便利そう!

背面ボタンの設定方法(オフも可)

背面ボタンの割り当てはコントローラーだけでできます。
【セレクトボタン+変更したい背面ボタン(M1など)】を押すとRスティックのまわりが紫色に光るので、割り当てたいボタンを押しましょう。

こんな色に光ればOK

『設定なし』にしたい場合は、紫に光ったあと同じ背面ボタンをもう一度押すと無効にできます。

ぽちこ

スプラしてると誤タップが多いから、わたしは全背面ボタンOFFにしてあるよ~!

ジャイロセンサー ○

スプラトゥーン3でジャイロ機能をテストしたところ、プロコンに比べエイムが合わなく感じました。
ただ、Amazonレビューにあるような「遅延ひどすぎる」という感じではなく…。

いろいろ試した結果、ZL/ZRのフカフカ感・背面ボタン・Rスティックのあそびなど、プロコンとの違いが操作に影響してエイムが微妙にずれるようでした。
慣れてからは「ほんのすこし鈍いかな?」程度になったのでジャイロ自体の精度は悪くないですが、プロコンからの乗り換えだと物足りないかもしれません。

ぽちこ

プロコンと似た使用感で遊びたいなら、他のコントローラーがいいかも!

別記事でジャイロ機能のいいコントローラーも紹介しています。ジャイロを重視したい方はこちらをどうぞ。

ジャイロ遅延の直し方

あまりにもジャイロ遅延がひどい場合、Switchとの接続方法に問題がある可能性も。
遅延の原因&直し方をAmazonレビューに書いてくれてる方がいました。

説明書通り【HOMEボタン+Yボタン】で接続するとジャイロの遅延発生。
⇒一旦接続を切りUSBケーブル接続で認識しなおしたら改善しました。(その後ケーブルを抜いてもほぼ遅延なし)

遅延がひど過ぎる方は、上記を試してみてください!

グリップ性/サイズ ◎

GameSir T4 Proとプロコンのサイズはほぼ同じ。

グリップの表面は無加工、裏面は凹凸がついて滑りづらくなってます。

プロコンがちょうどいい人には持ちやすいサイズ感だと思います。
ちなみに、わたしの手のひらは成人女性の平均くらい(16.7㎝)です。参考になれば!

▼手のひらの平均サイズ
成人女性:16.9㎝ 成人男性:18.3㎝
※中指の先端~手首を折ってできるシワまで

GameSir T4 Proの重さは200g。ジョイコンと同じくらいです。
プロコン(248g)より軽く、長時間プレイでも疲れにくいのはうれしいですね!

振動機能 ○

GameSir T4 Proは振動機能あり。
ジョイコンやプロコンのHD振動には及ばないものの、普通に遊べるレベルです。

非純正コントローラーは独自の振動パターンになってるので、ジョイコン/プロコンから乗り換えると違和感あるかもしれません。
気になる方は、Switchの設定から【振動オフ】にしちゃいましょう。

わたしはジョイコンプロコン以外の振動でなぜか酔うため、非純正コントローラーを使うときは基本的にOFFです。笑

ぽちこ

コントローラーを選ぶ際、振動機能は重視しなくてOKだよ。
振動より操作性やジャイロ精度が大事!

充電/バッテリー ◎

充電持ちは15~18時間。(フル充電まで1時間半)
ふつうに遊ぶには十分な持ちですね!
突出して持ちがいいわけではありませんが、フル充電までの時間が短く「プレイして休憩中に充電」といったサイクルで使いやすいので評価◎にしました。

充電ケーブルは汎用性の高いUSB-TypeCなので、他の機器とも兼用しやすいです。
ケーブルだらけになると管理が大変だから助かる…!笑

価格 ◎

プロコン約8,000円に対し、GameSir T4 Proは5,000円以下。
この価格で、Switch・パソコン・スマホといろんな機器に対応してるのは「すごい」の一言。
接続に必要なアイテムもしっかり同梱されています。

無線接続や背面ボタンカスタマイズあり、Switchでの接続も問題なくできてこの価格なら性能的には十分だと思います!

まとめ:かっこよくてコスパいいコントローラーがほしい人向け!

以上、GameSir T4 Proとプロコンを比較してのレビューでした。
5,000円以下でSwitch・パソコン・スマホにも対応してるコスパの良さが魅力的な、GameSir T4 Pro。

  • がっつりジャイロを使うゲーム
  • ZL/ZRを連打するゲーム

にはちょっと不向きですが、逆にそれ以外なら使い勝手のいいコントローラーです!
Amazonやネットレビューが多く、設定などわからないことを調べやすいのも地味に助かるポイントですね。

「プロコンより安くてかっこいいコントローラー」を探してる方にはおすすめですよー。

「やっぱりジャイロ性能は高い方がいいな…」という方は、ちょっと予算を上げてプロコンを買うか、同じく5,000円以下で買えるOOOUSEコントローラーをおすすめします。

任天堂
¥7,678 (2023/02/04 22:50時点 | Amazon調べ)

どちらも個別にレビューをしているので、迷ってる方はこちらもどうぞ。
お気に入りのコントローラーが見つかりますように!

シェア・URLコピーはこちら
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次